これからでも間に合う梅雨に向けての抜毛・薄毛対策法とは?

LINEで送る
Pocket

梅雨時期に薄毛になる理由

頭皮には皮脂が分泌し過ぎたとしても、皮脂を食べることで、頭皮を良い状態に保つことのできる善玉菌という菌がいます。

これは、頭皮をコントロールするために必要な存在ですが、梅雨時期のように高温多湿の状態になると、善玉菌は増え過ぎてしまし、悪玉菌になってしますことがあります。

悪玉菌になると、頭皮が炎症を起こしやすくなったり、かゆくなる、フケがでる、匂いがキツイなどの症状が起こります。

これらのトラブルが起こってしまうと、無意識に頭皮を掻いてしまったり、イライラしてしまうことで薄毛を促してしまうことも考えられます。

梅雨時期にできる薄毛対策

1、育毛剤みたいなものを使う
  頭皮や髪を適した環境に整えるための成分が豊富に含まれています。
  髪を健康的な状態に整えたり、毛穴の汚れをキレイに落とすなど、様々な
  効果が期待できます。

2、シャンプーをする
  じめじめした季節は、皮脂が多く分泌されます。
  皮脂が多くなると、毛穴が詰まる恐れがありますので、シャンプーで髪を
  洗うことをお勧めします。
  シャンプー剤は、毛穴の汚れを取り除き、皮脂の量も適度な状態に保って
  くれるのがようでしょう。

3、適度に汗を拭き取る
  暑い日は、頭皮から汗が多く出てきます。
  頭皮は蒸れた状態になり、髪の毛が抜けてしまうきっかけになる場合もあ
  ります。
  帽子をかぶる時も通気性の良い帽子を選んだり、適度に帽子を脱いで長 
  時間頭皮が蒸れている状態にならないように注意しましょう。

参考まで

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で