なんとなくだるい、などなど、調子が悪い!女子にありがちな症状と対処法!

LINEで送る
Pocket

やる気にあふれていた4月から、一転、なんとなくだるい。などなど、調子が悪くなってしまったあなた!・・・「五月病」かも?

寝すぎ
「もうお昼か!」なんて思いながらスマホをいじっているうちに二度寝。結局、暇ができたらやろうと思っていたことも全然実行できず、自己嫌悪に陥ったり。

そんなときは、とにかく自分の手を動かしてみる!

手帳に一週間の予定と目標を書き出してみるのがおすすめです。

「手紙を出す」「公共料金を支払う」などのTO DOリストは、こなしたら線で消していくと、気分がすっきりしてきます。

カラフルなペンやシールで手帳をかわいくデコってみてもテンションが上がるかも。

パソコンやスマホを使うより、紙に何か書いてみるだけで、自分の力で前に進めている感じがするはず。

だらだら食い
お腹がすいているわけでもないのに「これを食べたら頑張れるかな?」と、とにかくいつでも何か口に入れている状態。

でも、何を食べてもやる気はそんなに出ず、体が重い感じがしているだけ。

「あ~!」今日も体に悪いことしちゃった」と思うと、ダイエットへのモチベーションも下がる一方。

そんなときは、自分でお菓子作りをしてみるのがおすすめ。

ヘルシーなスイーツのレシピを検索して、買い出しに行くだけで、新しいことに挑戦するわくわく感がわいてきます。

腰を上げるまではめんどくさいけど、キッチンに立つのは、意外とリフレッシュになるものです。

手作りのお菓子なら、体が何を欲しているかにも気をつけるし、体質改善にもなって一石二鳥かも。

メイクの手抜き
できるだけ寝ていたい。出かけてもどうせ楽しいことなんてない。

という気持ちに押されて、おしゃれする気もなくなり「髪はそのままでいいや」「リップはつかなくてもいいや」と手を抜いているうちに、鏡に映る冴えない自分の顔を見てテンションが下がり自信もなくなっていくという負のスパイラルに。

そんなときに手っ取り早く、当店へお越しください。

お金をかけてトータルメンテナンスしなくてもOK

大事なのは、美容室という空間に身を置くということ。

いつも読まないような雑誌を読んでみたり、私との世間話や美容トークをしたり・・・。

1時間程度でも、そうやって過ごしているだけで、どんよりした気分に風穴が空きます。

さらにキレイになれるから、お店を出る頃には美意識も高まっているはず・・・。

気合いを入れすぎずに、マイペースに新しい自分を見つけるつもりで、この季節を楽しみましょう。

参考まで

 

BeeMe

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で