コロナ対策でのこまめな換気!熱中症対策!エアコンの効果的な使い方とは!

LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルスの感染予防策として「こまめな換気」が求められていますが、気温と湿気が高い日が続くこの時期、熱中症対策の面からは部屋を閉め切ってエアコンを作動させる必要があります。

エアコンを作動させながらの換気は、どのようにすれば良いのでしょうか?

スイッチのオン・オフ時に多くの電力が消費される
夏場のエアコン(冷房)は室内の空気から熱だけを取り出して室外に放出することの繰り返しで、室内を冷やす仕組みをもとに作られています。

同じ空気が循環しているだけです。

一般の家庭用エアコンには、換気機能がないため、新型コロナウイルス対策には室内の換気が推奨されています。

一般的な家庭での窓開け換気の目安は1時間に5~10分ほどといわれています。

また、1時間に10分の換気を1回するよりも、1時間に5分の換気を2回する方が換気の効果は高くなります。

その際“節電のため”としてエアコンのスイッチを切る方がいますが、これは誤りなのです。

エアコンはスイッチをオンにした際、多くの電力を必要とします。

ですから、換気のために窓を開ける時も、その都度エアコンのオン・オフを繰り返すより、つけたままのほうがむしろ消費電力量が少なくて済み、節電・省エネ効果が高いのです。

ダイキン工業では、エアコンを「つけっぱなし」にした状態と、30分ごとにスイッチをオン・オフにした場合の消費電力を測る実験を行いました。

その結果「つけっぱなしにしていた時の方が、消費電力が少ない」ことが実証されたそうです。

外出35分以内ならスイッチは切らない
最高気温が36.3℃。

エアコンの温度設定は26℃という設定で、実験を行いました。

すると日中の時間帯であれば35分間、気温が低い夜間でも18分間ならば、エアコンを切らずにつけっぱなしにした方が、消費電力は少なくて済みました。

そのほか、長時間エアコンを切って外出した後の帰宅時には、いきなりエアコンを使うのではなく、まず室内にこもった暖かい空気を排出・換気し、室温を下げたのちに作動させるのが、換気の面からも省エネの面からもより効果的
です。

梅雨が明ければ、エアコンなしでは暮らせない日々が続きます。

新型コロナウイルスや熱中症予防に加え、省エネも意識しながら、状況に応じた効果的なエアコンの使い方を心がけましょう。

出典:ウェザーニュース

参考まで

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で