ベッドの中でもスマホを離さないと不眠を引き起こす可能性が!

LINEで送る
Pocket

寝る時は枕元に。

外出先でも常にスマホをチェック。そんな日常が当たり前になっていませんか?

ベッドの中でもスマホを離さない「ベッドモバイラー」このようなスマホ依存には、不眠を引き起こす可能性が!

問題はブルーライト(青色光)が与える目の影響です。

・体内リズムの乱れを誘導するブルーライト
ブルーライトはエネルギー量が高いため目の角膜や水晶体で吸収されず、直接網膜に達しています。

見続けると物が滲んで見えてきたり、眼精疲労だけではなく網膜に支障をきたす場合があります。

太陽光の中にも青色光は含まれています。

朝日をあびること体内時計を正常に進める働きがあり、一概にい悪いものとは言い切れませんが、本来なら浴びないはずの時間帯(特に夜)に青色光を見続けることで眠りが浅くなり、入眼してもすぐに目覚めてしまうなどの原因になってしまうのです。

・夜はディスプレイの光を暗くし、目から離す
メラトニンは血中で増えることで睡眠を誘うホルモンで、この量が減ると睡眠の質が落ちてしまったり、睡眠のリズムが崩れたりします。

ブルーライトは、このメラトンの分泌を抑制してしまいます。

ベッドの中でどうしてもスマホをいじってからでないと眠れない癖がついてしまった人は、横になりながら顔の近くでスマホを使うことは避けましょう。

ブルーライトをカットする眼鏡をかけるだけでも、青色光を遮断する効果があります。

美容だけでなく健康のためにも、スマホの使い方に気をつけて下さいね。

参考まで

 

プレズ<Plez>_男性向け

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で