乾燥は、頭皮や髪の毛だけでなく “いびきの敵” 安眠するための湿度は?

LINEで送る
Pocket

寝室の湿度は50~60%程度が最適
安眠するための湿度は50~60%程度です。

風邪やインフルエンザウィルスは、湿度が40%を下回ると活発になりますので注意が必要です。

冬場の空気が乾燥している時期などは、何も対策を行っていないと、部屋の湿度が40%を簡単に下回ってしまいます。

ただ、加湿し過ぎると結露が発生し、カビを繁殖させたり、建物をいためたりするため「加湿し過ぎ」にも注意が必要です。

適切な湿度を維持するには湿度計の設置が必要になりますね。

加湿器を使わずとも寝室の乾燥を防ぐ対策がいくつかあるのでご紹介します。

濡れたバスタオルをつるす
ハンガーなどに絞ってからつるしておく手軽な方法です。

意外と翌朝にはからからに乾燥しています。

霧吹きで水をまく
消臭効果があるスプレーや、リネン用のスプレーを利用し部屋に水分をまく方法です。

安眠に効果的なアロマの香りの場合、一石二鳥です。

観葉植物を置く
植物は吸収した水分を葉っぱから蒸発させてくれます。

また、鼻の中が乾燥しやすい方は、市販されている点鼻液で保湿することも、いびき予防に効果的です。

参考まで