夏!体のコンディション作りとリラックス効果を高めてくれるお風呂!

LINEで送る
Pocket

お風呂に入ると夏バテしない!
ぬるめのお湯につかると、副交換神経が活発になり、リラックス効果が得られ、ぐっすり寝ることができます。

良質な睡眠は、夏バテに負けない健康的な身体を作るために欠かせないものです。

一方、熱いシャワーを浴びると交換神経が活発になって、シャミッと目覚めることができます。

夏バテしない身体をつくるためには、日常生活で乱れてしまいがちな自律神経のバランスを整え、上手にリラックスすることが大切なのです。

効果的な入浴法
リラックスとは、疲れがとれて自分にとって心地よい状態でいることですから、日常生活の中でできることはたくさんあります。

なかでも入浴は、自宅で簡単に行うことができ、毎日の習慣としてぜひ取り入れたい健康法のひとつですね。

38℃~40℃のぬるめのお湯に20~30分つかることがリラックスするのに最適な入浴方法です。

血管が広がり、全身の血液循環が活発になると同時に、汗をかくことで体内の老廃物が体外に排出されます。

頭上の換気をよくしておかないと、のぼせにくいですよ。

長くお湯に浸かっていることの苦手な人は、自分なりのリラックス方法を組み合わせたりすると、長湯も苦にならなくなります。

入浴効果を相乗的に高める方法をためしてみましょう。

半身浴
身体のみぞおちより下だけお湯につかる方法です。

身体に対しての水圧が低いため、心臓に負担がかからず、長時間入浴するのにむいています。

下半身の方が体温が低いため、その血液を全体に巡らせるのにも半身浴は効果的です。

汗が出にくい人は、お風呂の前にコップ1杯程度の水分補給をし、お湯の中に少量の塩を大さじ1~2杯(15~30g)入れてみましょう。

汗のでがグンと良くなります。

足のむくみには温水&冷水シャワー
立ち仕事や冷房のために脚が疲れたり、むくんだりしたときは、ふくらはぎへシャワーをあてましょう。

ふくらはぎの内側に温水を1分、外側に冷水を3~5秒ほど交互にかけると血流が良くなり、むくみがとれやすくなります。

リラックス入浴
・静かで落ち着くような音楽をかける

・アロマオイルや入浴剤など、自分の好みの香りを浴槽にいれる

・アロマキャンドルなどを使用して、いつもより少し暗い明かりの中でお風呂に入ってみる

・雑誌や本を読む、あるいは心の落ち着くような文章を朗読する

・仕事や悩み事は考えず、楽しいことやうれしいことを考えるようにする。

参考まで

子ども用

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で