夏 日焼けすると髪・頭皮のダメージ・トラブルはどうなる?

LINEで送る
Pocket

日焼けすると髪はどうなっているの?
髪も肌などと同じように、たんぱく質のもとであるアミノ酸で出来ているので、紫外線を浴びると、アミノ酸の構造に影響し、キューティクルがはがれやすくなります。

はがれた部分からたんぱく質などが漏れ出して、切れ毛や枝毛、パサつきが起きます。

また髪が傷むと、頭皮を守る力もダウンするので要注意!

髪の色が変わっていたら?
髪が赤っぽくなっったり、茶色っぽくなったりすることもあります。

これも紫外線が一因。

他にも夏は塩素の多いプールや、塩分のある海水につかることで、パサつきや変色を起こして、まとまりがなく、ツヤのない髪になります。

髪を同じ時間だけ海水と真水につけた場合、真水と比較すると海水につけた髪は2倍傷んでいたという結果もあるので、海に出かけた方は要注意!

頭皮も大丈夫?
夏には頭皮も顔の皮膚と同じように、皮脂の分泌量が上がり、また頭皮は髪で覆われているので汗もかきやすく、かいた汗の塩分や汚れが毛穴などに詰まってしまいます。

もちろん、髪で守られていても頭皮全体が紫外線で焼けるので、肌と同じようなトラブルが起きます。

そのままケアを怠っていると、秋になってから抜毛に悩むことになります。

また夏場の過ごし方も、秋になってからの抜毛に関係アリ。

冷房などの効いた環境に長くいると、乾燥や冷えによる血行不良、冷たいものの食べ過ぎや飲みすぎの冷えも、頭皮の血行を悪くするようです。

こうした、身体全体の疲れも作用して、抜毛の原因になります。

参考まで

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で