太らない体の作り方とは?そう考えたことはありませんか?

LINEで送る
Pocket

太らない体を作りたい。

そう考えたことはありませんか?

自分の体を絞る一番いい方法
有酸素運動~歩く~
歩くというと「一日一万歩」が頭をよぎる人も多いと思いますが、毎日無理をしないで目標を決めて続けることが大切です。

歩く姿勢
・視線を遠くに向けて、、アゴを引く。
・胸を張り肩の力を抜く。
・背筋を伸ばし、ヒジを曲げ腕を前後に大きくふる。
・脚を伸ばし歩幅はできるだけ広くとる。
・カカトから着地する。
この姿勢を保ちながら、慣れてきたら歩く距離を伸ばしたりしていきましょう。

筋力トレーニング~筋肉を鍛える~
基礎代謝量を増やすのに効果的。

突然、筋肉量が増えるので、脂肪燃焼の効率を上げることに繁がります。

運動後に生じる乳酸は、疲労物質として見られていましたが、大気汚染や水質汚染によって知らないうちに摂取してしまった「有害金属」を排出させる作用があります。

やわらかい体~ストレッチ~
筋肉をゆっくり伸ばしていくので、準備運動では体を温め、運動後は筋肉の血行を良くして疲労回復を早めます。

ストレッチの仕方
・反動をつけず20秒以上、ゆっくり伸ばす。
・伸ばす筋肉や部位を意識する。
・痛みがなく、気持ちがいい程度に伸ばす。
・ゆっくり深呼吸をしながら筋肉を伸ばす。
・呼吸を止めないこと。

脂肪を捨てる「体の大そうじ」
野菜を食べる ~レインボーフード~
栄養素に、ビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれています。

食べる時には、色のバランス「赤・橙・黄・緑・青・紺・紫」をみながら、複数織り交ぜて食べることをオススメします。

体内環境の整備
間食をやめたり、食事の間隔を6時間ほど開けることを心がけ、同時に「排泄機能」を高める必要があります。

みそ、納豆、漬物などの発酵食品や食物繊維をふんだんに採ることで、便秘の予防や改善をしていきましょう。

熟眠、快眠を心がける
よく寝る人ほど太らない
夜10時頃~午前2時頃までに「深い眠り」に入っていること。

美容やダイエットも叶えてくれる成長ホルモン(老化を抑える働きを持つ)が寝ながらにして活発に分泌されると言われています。

体内時計リセット
体内時計は、一日25時間で回っています。

毎朝太陽の光を浴び、目の神経を通る光の情報をキャッチすることで、24時間の生活リズムを合わせていき、誘眠ホルモン「メラトニン」の分泌をコントロールしています。

休日の朝も起床時間を変えず、いつもと同じ時間に起き、太陽の光をいっぱい浴びてみましょう。

眠り足りない時は、昼間に20分程度の仮眠をとり「体内時計のリズム」を崩さないように整えていきましょう。

参考まで