消毒・除菌 アルコール拭いてはいけないもの!そんな消毒にまつわるお知らせ!

LINEで送る
Pocket

・アルコールをかけて床を拭いたら白く変色しちゃった!!

・洋服にアルコールスプレーをかけたらライターから引火したんだって!!

テレビにアルコール消毒スプレーをかけてはいけない
アルコール消毒スプレーには、何割かの水が含まれています。

水分はテレビの大敵です!

さらに、テレビの液晶の表面のコーティングがアルコールによって剥がれてしまうことや液晶の周りのプラスチックが白く変色してしまう可能性もあります!

テレビの汚れが気になる時は、専用のモップやふきんを使うと良いですよ。

床もアルコール消毒スプレーで拭いてはいけない
フローリングの床をアルコールスプレーで拭くとワックスと反応して白くなってしまうことがあります。

除菌用のハンドジェルをこぼした場合なども白くなってしまうことがあります。

フローリングの除菌やお掃除はクエン酸スプレーがオススメです。

アルコールで白くなってしまった床は、メラミンスポンジ(水だけで激落ちと宣伝しているもの)でこすると取れます。

その後、ワックスを塗れば補修できます。

便座にアルコールスプレーをかけると割れの原因に
強いアルコールはプラスチックを溶かすので便座表面のざらつきや割れを引きおこすことがあります。

そのため公共トイレに備え付けの便座除菌スプレーはノンアルコールなど便座専用の除菌スプレーです。

便座の雑菌が気になるからといって、手指用の除菌ハンドジェルを塗ったり、便器用の洗剤で便座を拭いたりしてはいけません!

トイレの便座専用の除菌スプレーを使うのがオススメです。

スマホもアルコールスプレーで拭いてはいけない
アルコール消毒スプレーには水が入っているので、防水の携帯でない限り危険です。

液晶画面のコーティングが取れたり、プラスチック部分が溶けてザラザラになる
可能性があります。

手拭き用のウェットティッシュはアルコール濃度が低いので変形の恐れはありませんが、除菌力も高くありません。

揮発性が高く、水が入っていない無水エタノールがオススメです!

アルコールで溶けるプラスチックと溶けないプラスチック
透明感があり、ガラスのように見えるアクリル樹脂はアルコールで白くなります。

アルコールスプレーを自作する際は、アクリルとポリスチレンは避けてください。

PPとPEと書かれている容器は、アルコールでは溶けませんが、PP(ポリプロピレン)は熱に弱いので熱いものを入れると変形してしまいます。

PE(ポリエチレン)は柔らかいので強い力で曲がったりつぶれたりしてしまいます。

参考まで

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で