神無月と神在月って?なぜ10月を“神無月”って言うの?

LINEで送る
Pocket

神無月と神在月って?
十月は全国の八百万の神様が、一部の留守神様を残して出雲大社へ会議に出かけてしまうと考えられてきました。

神様が出かけてしまう国では神様がいないので「神無月」 (かんなづき)反対に出雲の国(島根県)では神様がたくさんいらっしゃるので「神在月」(かみありづき)というわけです。

また「神無月」の無を「の」と解して「神の月」とする説もありますが「神無
月」も「神在月」も神々が集う月という意味です。

会議の議題は?
年に一度、出雲大社に集合した神様たちは、人の運命や縁(誰と誰を結婚させようか)などを話し合います。

遠く離れた者同士が知り合い、結婚するようなことがありますが、この会議の
結果なのかもしれません。

その為、出雲大社は縁結びの総本山でもあります。

来年の天候、農作物や酒の出来など、あらゆることが話し合われているそうで
す。

なぜ?出雲大社なの?
出雲大社の祭神は「大国主大神」(おおくにぬしのおおかみ)天を象徴する天照大神(あまてらすおおみかみ)に対し、大地を象徴する神様です。

大国主大神にはたくさんの子どもたちがおり、その子どもたちを全国各地において国を管理させました。

そして子どもたちが年に一度出雲大社に戻り、その年の報告や来年の相談をしたのです。

やがて、他の神様も一緒に出雲に集まるようになったと

参考まで

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で