秋には肺を鍛えよう!肺は鍛えれば鍛えるほど強くなる!

LINEで送る
Pocket

気温が下がり空気が乾燥しやすい秋は、肺の働きを弱めてしまいます。

肺が弱ると、肌が乾燥してガサガサになったり、風邪を引きやすくなります。

また、肺がつかさどる感情は、悲しみや憂いと言われていますので、秋になるとなんだか切なくなるのは、肺が弱っているからかも。

肺は鍛えれば鍛えるほど強くなるので、毎日少しずつ肺を鍛えてみませんか?

1、適度な運動をしよう
散歩や軽いジョギングなど、過度になりすぎない運動がおすすめです。

きれいな空気を吸うには、朝の方が良いでしょう。

2、息は深く吐き、深く吸う
呼吸が浅いと、肺は十分に活動してくれません。

体の中の汚れを出すイメージで、しっかり深呼吸してください。

適度に肺を張り、肺を広げる気持ちで呼吸してみましょう。

3、肺に良い 白い食べ物 を摂る
大根、レンコン、山芋、梨、白キクラゲ、白ごまなどの白い食材は、肺を潤す働きがあります。

特に梨は肺を潤す食材の代表で、咳止め効果もあります。

また、栄養学的に粘膜を強くするのは、ビタミンAやカロテンです。

色の濃い野菜や果物を意識的に取って、体の内側から強くしていきましょう。

参考まで

 


 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で