秋の夜 寒さが身にしみる前に「美意識」をアップ!

LINEで送る
Pocket

半身浴
冷え性の女性は、冷えが血管を収縮させて血行障害が起こって、健康によくありません。

血液循環が悪くなると体内に十分な酸素と栄養素が運ばれません。

それどころか老廃物や炭酸ガスが滞留して出ていかなくなり、代謝が悪くなります。

そこで、20~30分半身浴をすると、血行もよくなり、代謝が高まります。

正しい半身浴はまず、温かい飲み物(ハーブティーなんかいいですね)を飲み、水分摂取します。

基本は、胸から下だけお湯につけるようにするということです。

胸はお湯から外に出しましょう。

体温よりも少し高い程度の37度~38度(冷え性の方は40度~42度)のお湯に20~30分ゆっくりいります。

その時、しっかり温まる入浴剤(塩)を必ず入れてください。だんだん体が芯から温まって、汗が出てきます。出るときは必ず冷水をかけてください。この方法だと湯冷めしません。

体内にたまった疲れや老廃物を出すには、半身浴が最高の美容法です。

この秋の夜長にぜひ試してみてください。

美意識を上げて、女っぷりを上げる!
日一日と寒くなる今日この頃、寒さと共に「メランコリック」になる女子が、多くなるシーズンです。

ガッツリと寒さが身にしみる前に「美意識」を「女っぷり」を上げて、来るべき寒い冬に挑みましょう。

まず、夏に買い込んだ「痩せるクリーム」や「入浴剤」を一日一つずつ使い「体」に良い事を必ずしてください。

使い切っちゃったら、今度は「ダンスエクササイズ」などのDVDや、埃が被っている「バランスボール」「ストレッチポール」「EMSエクササイズマシン」etcなどの健康器具を引っ張り出して、無い人はストレッチを10分間は必ず毎日やってみてください。

でも、あくまで「ゆるく」が基本です。

パック
お仕事が早く終わってゆっくり出来る日の夜は、パックなんていうのはいかがですか?

パックをもっていない場合は、普段使っている化粧水と乳液を贅沢に使ってみましょう。

お風呂は寝る前といわず、普段より早めにゆっくり、ゆったり入浴。

汗がひいたら、普段お使いの化粧水をコットンにたっぷりヒタヒタに浸して、お肌の上にのせておきます。

3分経ったらお肌からはがして、さらに1~2分パッティング。

まだコットンに化粧水が残っていたら、首やデコルテ、腕や足にもパッティング。

後は普段お使いの乳液や保湿クリームを、これまた贅沢して1.5倍~2倍使用します。

たっぷり水分を与えれも、蒸発してしまえばまた乾燥してしまいますからねっ。

就寝前、まだお肌がベトつくようならウエットコットンで軽く拭き取るか、ティッシュをお顔にのせ、軽めのティッシュオフします。

きっと翌朝はいつもより、しっとり柔らか肌になってると思いますよ。

参考まで

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で