紫外線ダメージによる抜け毛!抜け毛予防と効果的な頭皮ケア法!

LINEで送る
Pocket

夏(8月~9月)になると「抜け毛が、多くなった」とお悩みの女性が急増します。

紫外線ダメージによる抜け毛について
強い紫外線を浴びてダメージを受けた頭皮は「乾燥や炎症」を引き起こし、通常より弱った状態に陥ります。

頭皮は髪の毛が生えてくる土台となるため、頭皮が弱ってしまうと生えてくる髪の毛も弱々しく、成長が不十分(細い・短い)の状態で抜け落ちてしまいます。

まだ抜ける予定ではなかった毛髪が抜け、さらに次の毛髪も不健康な状態で生えてくるので、通常より早く抜け落ちていきます。

そのサイクルが繰り返し起こると、髪の毛の量がどんどん減っていって・・・

これが薄毛のサイクルなのですが、夏に抜け毛が多い人は、既にこの悪循環に陥っている可能性が高いといえます。

夏の抜け毛は、放っておくと薄毛に進行してしまう場合も
一般的に、紫外線などでダメージを受けた場合、その影響が抜け毛や髪質の変化となって表面化するまでには、2~3ヶ月程度のタイムラグがあります。

それを考慮すると、8月に抜け毛が多い人は、5月~6月には頭皮に何かしらのダメージを受けていることになります。

5月6月はまだ紫外線がそこまで強くない時期です。

そのため、紫外線以外の要因で頭皮環境が乱れて抜け毛が増えていることもあり得ます。

また、、現時点で抜け毛が多い状況で、夏場に紫外線や汗対策を行った場合、頭皮にさらなるダメージを受けています。

そのダメージは、今から2~3ヶ月後に、さらなる抜け毛や髪質の変化(パサつき・ごわつき・枝毛など)の悩みとなって表面化してきます。

何の対策も取らないで放っておくと、ずっと頭皮環境が弱かった状態・ヘアサイクルが乱れた状態が続いてしまい、最悪の場合は頭皮地肌が透けて目立ってきます。

いわゆる「薄毛」の状態です。

分け目や頭頂部の薄毛が進行していまうと、髪型では隠せなくなってしまいます。

最近では、前髪やおでこ付近の生え際からハゲはじめる女性も増えています。

そこで、効果的な頭皮ケア法
薄毛を改善するための頭皮ケアには、シヤンプーの見直し(育毛シャンプーやアミノ酸系シャンプー)、育毛サプリメント、頭皮マッサージ、不規則な生活習慣の見直し(食事・睡眠・運動)など様々な方法がありますが、効果的な頭皮ケアは、人によって千差万別です。

最後に
テレビコマーシャルやネットの情報はあくまでも一般論です。

あなたに合った頭皮ケア、あなたの髪・頭皮を知り尽くして美容師さんに相談して見てください。

チョット抜け毛が多いかな・・・?薄毛かな?と思ったら自己判断で間違ったケアせずに、相談してみてください。

参考まで

 

プレゼント

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で