紫外線最強は5月!紫外線対策が間に合わず、うっかり日焼けにご用心!

LINEで送る
Pocket

うっかり日焼けをなかったことにする3つのケア
UVケアをしていても、思わぬところで日に焼けてしまうもの。

「まだ5月だから・・・。日差しが強くないから・・・」と油断すると、5月の紫外線は最強なのです。

紫外線対策が間に合わず、うっかり日焼けにご用心!

しみ対策は日焼け後24時間がカギ
「うっかり」日焼けしてしまっても、すぐにしみができるわけではありません。

紫外線を浴びると、肌の内部にあるメラノサイトでメラニン色素が作られるのですが、そのメラニン色素がターンオーバー(肌の新陳代謝)で定期的に外に排出されていれば、理論上はしみにはなりません。

しかし、何らかの理由でターンオーバー周期が長引き、メラニン色素が肌に残ったままだとしみになってしまうのです。

つまり、浴びてしまった紫外線はゼロにはできないけど、紫外線を浴びてダメージを受けた肌をできるだけ早く回復させることが大切です。

清潔にしてクールダウン
「日焼け=やけど」と考えたら、肌を冷やすのが第一です。

汗や汚れ、肌に残ったメイクや日焼け止めクリームをおクレンジングや洗顔、ボディソープなどで洗い流し、肌を清潔に保ちます。

日焼けでダメージを受けた肌を強くこするのは厳禁です。

ジェルや泡で優しく洗い流し、タオルで肌を包み込むようにして水分を拭き取ります。

肌が熱をもっているときは、火照りが収まるまで冷やし続けましょう。

ローションやパックで保湿
冷やして清潔にしたあとはとにかく保湿!

保湿効果の高いローションやクリームをたっぷり使って、保湿ケアを念入りに。

また、シートパックを使ってマスクをするのも効果的です。

ただし、水分を含ませただけのコットンやシートでパックするのは、肌から水分を奪って逆効果なので、きちんと保湿成分入りのシートパックを使ってマスクしましょう。

日焼けダーメジを見逃しがちなのが唇。

リップクリーム(モデーア)たっぷり塗り、パックするなどの保湿ケアが効果的です。

日焼けした夜は早寝
肌のターンオーバーを助けるために、早寝早起きや規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

美白化粧品を使うタイミングは?
日焼けしたその日から、美白化粧品を使用することをおすすめします。

美白成分には、日焼けによる過剰なメラニン生成を抑制する特徴があります。

美白化粧品は、一瞬で肌を白くする魔法のようなものではなく、使い続けることが効果は期待できるものです。

肌を育てていくような意識で早めに、まだ長期的に取り組んでいくことが大事です。

参考まで