要注意!長時間髪を引っ張られた状態が続くと・・・!

LINEで送る
Pocket

ポニーテールや髪の毛を強く束ねたりすることで、長時間髪を引っ張られた状態が続くと、薄毛になる恐れがあります。

この症状には正式に名称があり、これを牽引(けんいん)性脱毛症と言います。

別名「ポニーテール脱毛」と言います。

牽引性脱毛症は、強く引っ張られていた生え際や分け目などの毛が、細くなったり切れやすくなることで、地肌が透けて見えるようになっていく症状です。

負荷への抵抗力個人差があるので、全ての人が必ずなるという訳ではありませんが、元々髪の毛は細い人は注意してください。

牽引性脱毛症の改善策・予防法、牽引性脱毛症の原因は、引っ張ることによる毛根への過度の負荷なので、残念ながら育毛剤の塗布などの対症療法を行っても改善しません。

毛根・毛髪の負担を掛けてしまうような状態が余りにも長すぎると、回復が厳しくなる場合があります。

一般的には頭皮に負担の掛からない髪型に戻し、一定期間を経過すてば、自然に解消していくようです。

とにかく髪の毛をいじめない事。これが最重要ポイントです。

洗髪の際にはついでに頭皮マッサージをすると良いでしょう。

参考まで

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で