見える冷えとり!なんとなくダルくていつも不調を感じている!

LINEで送る
Pocket

病気ではないけど、なんとなくダルくていつも不調を感じている・・・
あなたも身に覚えはありませんか?

一年中愛用したい「あたためアイテム」
腹巻は「365日着ける」5つの理由
・血行の多いお腹をあたためると、効率的に体温が上がる。
・リンパ球の約7割が集まる腸が温まれば免疫力が高まり病気を予防できる。
・子宮や卵巣が温まることで、生理痛や生理不順の解消、婦人病の予防に繋がる。
・血行が良くなるので、基礎代謝が上がり痩せやすく太りにくい体になる。
・お腹が温まると、ぐっすり眠れるので質の良い睡眠がとれて体調が整う。

昼は、アウターにヒビかない「薄手のタイプ」を選び、夜は就寝中に体を締め付けない「ゆったりタイプ」を選ぶのが大切。

体の芯からあたたまる「お風呂」ちょっとしたワザでさらにポカポカ体質に
毎日必ず「湯ぶね」につかる。

湯ぶねにはサッとではなく、うっすらと汗をかく位に入る。

ぬるめのお湯は、副交感神経が優位になりリラックス効果を高めます(よる寝る前は、ぬるめのお湯に入って)

入浴前に筋肉運動(スクワット等)をすると代謝が上がり汗が出やすくなります。

入浴後は、ストレッチで体を伸ばすと血行が良くなり、老廃物や余分な水分の排出に効果的です。

「食」で体の中からポカポカに
体をあたためる働きのある「陽性食品」を食べて「冷え知らず」になりましょう。

陽性食品とは、赤、黒、だいだい色「冬が旬の北で採れたもの」です。

そは、玄米、にんじんやゴボウなどの根菜類、りんご、ぶどう、納豆、赤身の魚肉、赤ワイン、梅酒、みそ、しょうゆ、黒砂糖など。

豆腐を温めて黒砂糖を入れて飲んで飲んでみるのもおススメ。

ホッと!あたためたドリンク
むくみ解消・・・あずき煮

あずき50gと水3カップを鍋に入れて火をかける。

煮立ったら弱火にして30分ほど煮込み塩とハチミツで調味(あずきには、利尿作用のあるサポニンを含んでいるので、体内の水分を出す効果があります。)

美容効果抜群・・・レモネード

レモン1/2個分しぼり汁をカップに入れます。

親指大のショウガをスリおろし、そのままか絞り汁をお湯に溶かし入れる(好みでハチミツを入れてもよい)

いつでもどこでも「ショウガ生活」
ショウガは、ガンを防いだり漢方薬の7割に入ってるスーパー食材で、1日に親指2個分とると血栓を予防できます。

そりおろし、酢漬け、粉末など形状を変えると使い方も無限大。

お腹がすいたら、紅茶に黒砂糖かハチミツを入れ、すりおろしたショウガを「たっぷり混ぜて」飲んでみて

参考まで