髪がうねってスタイリングが決まらない!梅雨シーズンのヘアケア!

LINEで送る
Pocket

ジメジメとした梅雨の時期、気分も滅入りがちなだけでもイヤなのに、髪がうねってスタイリングが決まらない・・・・

よくある悩みですが、原因は湿度ではなく髪のダメージなんです。

「うねり=ダメージヘア」なんで悲しくなってしまいますが、正しう知識とお手入れで今からツヤ髪を取り戻しましょう!

ダメージヘアのキューティクルは水分過多の原因
髪はキューティクルを閉じたり開いたりすることで、水分量を調整しています。

ダメージヘアでも、通常時は健康毛とさほど水分量は変わりません。

ただ梅雨時期になると、いつもより空気中に水分が増えますよね。

健康毛であれば、その湿度に影響は受けません。

しかし、ダメージヘアのキューティクルは必要以上に水分を吸収して、その結果うねってしまうのです。

キューティクルを傷つける紫外線
肌にとって紫外線が大敵なのは、皆さんご存じのことと思います。

実は、髪にとっても紫外線は悪影響を及ぼすのです。

紫外線はキューティクルを傷める原因になるので日傘や帽子でしっかりとカバーするようにしましょう。

こまめなブラッシングで髪の広がりを抑える
普段何気なく行っているブラッシングですが、髪の汚れを落としてくれるだけでなく、水分をまんべんなく広げてくれる効果もあります。

また、頭皮の皮脂も全体に行き渡らせることができるので、まとまり感のあるスタイルをキープできます。

静電気が起こりにくい木製のブラシもオススメです。

ブローテクニック
根元がしっかり濡れた状態でブローを開始
ブローで根元がしっかり立ち上がると、うねりやすい中間~毛先も収まりやすくまります。

髪のうねりは根元で決まるといっても過言ではありません。

うねりやすい中間~毛先ばかりをしっかりブローしても、結局うねってしまうのは根元がしっかり乾かせていないからです。

髪を指でかき上げてジグザクさせ、空気を入れながらブローするのがコツ。

ドライヤーを上から当てて一気にドライ
広がりを抑えるように上からドライヤーを当てて乾かします。

キューティクルは根元から毛先に向かって重なっているので、その流れに沿って当てると髪も傷みません。

一気に水分を飛ばし髪をパキっと乾かしたいので、風量が強いタイプを使いましょう。

一度乾いた状態で、さらに乾かす
梅雨時期のドライのポイントは、 いかに水分を少なくしておくか です。

普段よりも長めにブローしましょう。

冷風を当てて、キューティクルを引き締める
キューティクルが広がってしまうと、余分な水分を吸収してしまう原因に。

冷風はキューティクルをい引き締め、スタイルを固定してくれます。

参考まで

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で