11月22日 は「いい夫婦の日」におすすめの本のご紹介!

LINEで送る
Pocket

こんな記事を見つけたのでご紹介します。

「妻のトリセツ」という本は、執筆者は黒川伊保子(くろかわ いほこ)さん。
(人工知能における会話の研究をしている人)

黒川さんは、男と女では心地よいと感じる会話が異なることに気付き、男女の思考の違いについて分析・研究している。

夫が妻とどのように付き合うべきか書かれた書籍だが、この本は女性にも人気だという。

この本は、発売後12週連続で重版となり、販売部数は7万部を超えた。

「妻のトリセツ」はそのノウハウを活かし、男性向けに書かれた書籍。

しかし、読者の3分の1は女性だという。

夫婦に関する調査では、妻に不満がある夫は約5割なのに対し、夫に不満をもっている妻は約8割。

黒川さんによると女性は察してくれることを愛情と感じるが、男性はそれが分からないため、すれ違いが生じるのだという。

書籍の中では具体的ケースを紹介している。

黒川伊保子さんが書いたその他の本をご紹介
・幸福のなるための人生のトリセツ
・夫のトリセツ
・定年夫婦のトリセツ
・家族のトリセツ など多数

読書したいけどなかなかタイミングがない。

なんて人も“読書の秋”という絶好の機会にぜひ読んでみてください。

参考まで

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で