2020夏 マスク美人 メイク術!保湿効果もあるので美肌も保てます!

LINEで送る
Pocket

普段通りのメイクにマスクをつける。

たったそれだけで、すでに『マスク美人』になっている人も結構多いんです。

マスクを付けるようになったら「痩せた?」「小顔になったね」「なんか今日可愛いね」と言われることが増えるんだとかひしかもひ男子からのマスク女子への支持率は年々増えているそう!

中には「マスクをしたほうが可愛く見える」とか「マスクを外さない方が良いのでは?」なんてちょっと厳しい意見もあるようですが……(笑)。

こういった意見があると、本当に“支持”していることになるのかは疑問ですが、いずれにしろマスクにあまりマイナスな印象はないみたいです!

目しか見えないのがマスク美人の理由
マスクをすると鼻から下が隠れ“小顔効果”が得られるわけです。

アイメイクを濃くしたり薄くしたりと、顔のバランスを整えていますよね。

それだけ目元は印象的な部分なのです。

マスクをすることで、さらに目が強調されて美人度がアップします!

マスク美人になるためのアイメイク
マスクをつけたときに見える目元を可愛く仕上げることで、マスク美人の格があがるはずひということで、マスクをした時のアイメイクのポイントをみていきましょう。

➀ まつげをバッチリ上げる
② アイメイクの色は黒がおすすめ
③ アイラインはリキッドでにじませない

描き方
アイラインを黒目の始まるところから細く入れて、最低5mmはハミ出すように描く。

目尻に行くにつれて太目にすると、たれ目効果がアップして可愛さ倍増!

④ アイシャドウは超ナチュラルに。

下まぶたはマスカラだけでOK◎湿気でにじまないように、あまり触らないほうがいいですよ。

マスク美人になるためのメイクは?
アイメイクが肝心なマスクメイクですが、その他のメイクもマスク仕様にすることで、美人度はさらにアップしますひ

チーク
チークを塗りたいひという人はマスクの上の角の部分からチークがのぞくように入れましょう。

骨格も強調できるし可愛さも保てますね!

こめかみ
マスク時に、最近流行りの“ツヤ”感を出すためには、ハイライトをこめかみに入れるのがポイント。

眉尻の少し下あたりから、こめかみの骨格に沿って入れます。

粉物でもいいけれど、おフェロ感を出すならスティックハイライトを使うのも手!

マスクをすることによって保湿効果もあるので美肌も保てますし、メイクも薄くなるので肌に負担もかかりません。

その上美人に見せてくれるんだから、付けるしかないですね。

参考まで

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で