冬の髪と頭皮のダメージ!

LINEで送る
Pocket

頭皮のかゆみ 髪のパサつき・切れ毛・抜け毛・炎症
冬の髪は、1年の中で最もダメージを受けやすい特徴があります。

冬の寒さや乾燥で、髪と頭皮の状態が悪くなります。

冬は、いつものヘアケアではダメージをリカバリーできないことがあるので、冬専用のお手入れが必要です。

冬のヘアダメージの原因
冬は空気が乾燥して、髪の毛の水分蒸発が起こり、うるおい不足になります。

髪の毛が乾燥すると、外的刺激に弱くなりダメージを受けやすくなります。

ブラッシングやタオルで髪をこすると、摩擦を起こし髪の毛の表面をコーティングしているキューティクルを剥がします。

髪の毛1本1本が細くなり、切れ毛や抜け毛などを引き起こすことに繋がります。(正しいブラッシング法をお伝えしています)

また、熱いシャワーで洗髪するのも、頭皮や髪の毛に必要なうるおいを奪い、乾燥をより進ませてしまいます。

自宅でできる冬のヘアケア
保湿力の高いヘアケアを自宅で毎日行うことでダメージを軽減できます。

シャンプーとトリートメントをしっとりとしたタイプに変えることをおすすめします。

他の季節に使用すると、ベタつきが気になると感じるものでも、冬の乾燥しやすい髪にはちょうど良く、まとまりのある仕上がりになります。

オイルトリートメントを使う
洗髪後の濡れた髪に、オイルトリートメントを使用して乾かすと、髪の毛の乾燥を予防してダメージを軽減できます。

オイルトリートメントは、髪の毛1本1本をコーティングして、摩擦などの外的刺激から髪の毛を守ってくれます。

ただし、付けすぎると髪の毛がべたつく原因となるので、少しずつ手に取って使用量を調整して付けましょう。

ドライヤーで髪の水分を完全に乾かす
洗髪後は、キューティクルが開いていて髪内部の水分が蒸発しやすくなっているため、早めに乾かしてうるおいを逃がさないようにしましょう。

自然乾燥でも髪は乾きますが、完全に乾くまでに時間がかかり、キューティクルの閉じが不完全なため、髪のうるおいがどんどん逃げていきます。

ドライヤーは熱と風で髪の深部まで乾かすため、キューティクルが完全に閉じて水分蒸発が防げます。

ドライヤーの熱は長時間髪に当て続けると、かえって乾燥させる原因となるため、注意が必要です。

事前にタオルドライをして、ドライヤーの時間を短縮する工夫をして下さい。

冬のヘアケアは、あなたの髪質・頭皮の状態に合ったものを使わなければ、かえって傷みがひどくなり、修復に時間と費用がかかってしまいます。

参考まで