超カンタンなハーブ(バジル)の“袋栽培”

LINEで送る
Pocket

プランターのいらない、超カンタンな家庭菜園があったらやってみたいですよね。

「野菜の苗」と「袋入りの野菜用の土」だけで出来る「袋栽培」という方法をご存知?

買ってきた土の袋に苗をぶっ挿すだけの超ズボラ栽培です。

パスタやピザの仕上げに新鮮なバジルを添えたらかなりオシャレ〜なので、このズボラ栽培に挑戦してみました。

袋栽培のメリット
・プランターを買う必要がない
・苗と土を買うだけで手軽にできる
・移動や片付けが楽

ハーブを育てて料理に使う
誰でもラクにできる家庭菜園がないか調べたところ「袋ごと栽培」という見るからにズボラの味方のような栽培方法をご紹介。

バジルの育て方
バジルは日当たりが良く暖かい場所で良く育つので、日当たりが良いキッチンであれば室内でも十分育ちます。

・苗植えは4〜6月。ホームセンターで1株150円ほど。
・初心者にも育てやすい
・水やりをこまめに。たまに肥料も。
・背丈が20cmほどになったら摘芯。
・10月頃まで収穫できる

バジルのようなハーブは強い植物なので手間もかからず、初心者向き。

パスタやピザのトッピングにすると本格的な風味になり、お店のような味に。

簡単に始められますので、おすすめです。

参考まで