言葉使いと品格!

LINEで送る
Pocket

「まじで」「…っていうか」「きもいッ!」ブランド物を持っている人でも軽く見える人がいます。

それは言葉遣いが悪いから!

頭のてっぺんから足のつま先まで高級ブランドを身につけていても、口にする言葉が汚いと台無しです。

「はやりの言葉を使うことがかっこいい」と思い、積極的に使うと、その言葉が品位を台無しにしています。

あなたもそう思っていませんか?

言葉遣いで、その人の中身が見えます。

「自分のことを言葉遣いくらいで判断されたくない」そう言いたいのでしょう。

たしかに言葉くらいでその人の中身まで判断されたくはありません。

しかし、あなたの言葉遣いで中身を判断してしまうのが世間というもの。

美しい女性には美しい言葉遣いが似合います。

理想を言えば、天皇家の言葉遣いです。

天皇家になぜ品があるように映るのかというと、品のある言葉を使っているからです。

ゆっくり丁寧に優しい言葉遣いに触れていると、身も心も美しく感じてきませんか。

落ち着いた話し方は、聞いている人まで癒されます。

天皇家の方々は高級ブランド品を身につけていませんが、高級ブランドを身につけている人以上に品があり、落ち着きを感じるのは、言葉遣いが美しいからです。

美しくなるために必要なのは、ブランドではありません。

美しい言葉遣いなのです。

参考まで