ブラッシングで抜け毛予防!

LINEで送る
Pocket

ブラッシングは、髪にとっても頭皮にとっても、とても大切です。

ブラッシングは抜けた髪の毛や髪についたほこりを落とすだけでなく、頭皮を

刺激して血行をよくする、頭皮の余分な角質を落とすなど、頭皮に良い影響を与え、その結果抜け毛予防につながります。

正しいブラッシングはブラシ選びから
抜け毛対策として、シャンプーと並んで欠かせないものが、ブラッシングです。

ブラッシングの基本がきちんとできていないと、髪や地肌にダメージを与えることになり、ますます抜け毛が進んでしまったりしかねません。

まずはブラシを選ぶことから始まります。

ブラシなんてどんなのを使ったって一緒、なんて思っていませんか?

それは大きな間違いです。ブラシ一本でも全然違うんですよ。

髪の毛が乾燥しているときにナイロンのブラシでガシガシ激しくブラッシングなんてしようものなら、静電気が起きて切れ毛や枝毛をつくってしまう原因になります。

ブラッシング前に専用ローションなどをつけることをおすすすめします。

また、硬い金属のブラシを使っては頭皮を傷つけていることになります。

したがって、少々値は張るもののイノシシか豚の毛でできたブラシを使って、頭皮や髪の毛をいたわってあげてほしいのです。

気持ち良いブラッシングで血行促進
ブラッシングは出勤・登校前やシャンプーの前などに一日だいたい50~100回くらいを目安にやさしくブラッシングしてください。

もちろん、力は絶対に入れないで、髪の毛自身や頭皮に傷をつけたりしないように意識してブラッシングして、抜け毛を防いであげましょう。

正しいブラッシングの仕方は
1.髪をときほぐすことで、髪全体に艶を与えます。
  髪が整っていると、光によって髪が艶やかに見えます。
  髪のからまりというのは毛先に集中するため、長い髪をブラッシングする  
  場合は、毛先のもつれをまずほぐしてから、次に長さの半分くらいから毛  
  先に向かってブラッシングして、最後に根元から毛先に向かってゆっくり
  ブラッシングしていきます。
  これで抜け毛もだいぶ減ります。

2.髪に適度に引っ張る力を加えてブラッシングすることで、スタイルを整え 
  ます。

3. やさしく何度もブラッシングすることで、地肌を傷めずに汚れを取り除く
   ことになり、心地よいマッサージ効果とともに血行を良くし、新しい毛髪
           が生えやすく、抜け毛も出にくい状態を作ります。

 でも、手間はかかります。

しかし、それを守ることで自分の髪も守ることになるので、しっかり守ってブラッシングしてください。

参考まで