野菜クズはおいしさのもとべ 野菜だし「ベジブロス」

LINEで送る
Pocket

「ベジブロス」とは、野菜から取っただしのことで、一般にも徐々に浸透しています。

お料理をしていると、ヘタや芯、皮や種など、野菜のくずは毎日出るものです。

捨ててしまうのが常ですが、実はこの野菜くずこそ“ベジブロス”の材料になるのです。

野菜だしを取るために用意するのは、皮や切れ端やヘタなど。

基本的に冷蔵庫に残っている余りものや貯めておいたものでOKです。

材料(1L分)
・好みの野菜:切れ端を250g前後
※例:たまねぎのヘタと皮、ねぎの青い部分、大根の皮、にんじんのへたと皮、トマトのヘタ、なすのヘタ、りんごの皮など
・水:1300ml
・酒:小さじ1

作り方
1.大きい鍋に分量の水と野菜の切れ端を入れ火にかける前に小さじ1のお酒を入れる。
※お酒がうまみを引き出し、臭みを消してくれます。

2.火にかけたら沸騰する直前までは強火で、ふつふつしてきたら弱火にし、20~30分煮こむ。野菜が踊るくらいの弱火にする。

3.火を止めたら、ボウルにざるをのせて野菜を濾(こ)す。
 野菜の選び方のコツは?

A.基本の野菜と季節の野菜を組み合わせて作ります。

※アブラナ科の野菜(菜の花など)は独特の風味が強いので、気になる人は入れずにおいた方がいいかもしれません。

何種類くらいの野菜を使うのがよいですか?

A.5種類以上。多ければ多いほど深みがあり、様々な料理に合う味に仕上がり  
  ます。どうやって保存したら良いですか。

A.密閉容器やタッパーに入れて冷蔵保存で3日です。あるいは冷凍保存もOK。

参考まで