うっとうしい梅雨 気分を上げて行こう!

LINEで送る
Pocket

梅雨時に気分が落ち込むのは低気圧による自然な体の反応。

低気圧のときには、体の中では体液循環が悪くなり、脳の血流も低下するので、落ち込んだような状態になるのです。

天気のいい日は元気に、天気の悪い日はのんびり過ごすのが良いですね。

しかし、長い梅雨の期間中、ずっとのんびりしてはいられないですよね。

時にはグッと気分をあげて仕事や家事に取り組まなければならないことも。

朝から元気のでる音楽を聴いて、耳から元気を入れる。

旬の野菜を中心にした元気のでる朝食を。

傘、レインコートやレインブーツをカラフルにして見た目にも元気を。

外にでるのがおっくうなら、掃除や片付けの日と決めて、部屋をスッキリさせて気持ちもスッキリさせてみる。

モノを捨てることで、頭の中がスッキリ整理されます。

姿勢にも注意してみます。
気分が落ち込んで、うつむいて猫背になっているかもしれません。

猫背のせいでさらに気分が落ち込むこともありますので、こんな時こそ、背筋を伸ばす意識をしてみましょう。

両腕を脇に付け、ひじを90度に曲げ、両肩甲骨を寄せるように後ろに引くと、自然に背中が伸びてきます。

のんびりする時間と元気な時間を使い分けて行きましょう。

参考まで