白髪予防とヘアケア

LINEで送る
Pocket

白髪の主な原因は、色素細胞(メラノサイト)の機能低下が原因と言われていますが、どうしてその機能が低下してしまうのかは、未だ科学的に解明されていません。

予防方法は?
白髪を防ぐ方法や反対に白髪を増やしてしまう行為についても、はっきりとは分かっておりません。

不明な点が多いことを前提にお話しします。

髪は頭皮が育むことに変わりはありませんので、健康な頭皮を保つようなケアを続けて損はありません。

頭皮の健康を害するようなヘアケアはNGひ白髪が気になるからと、カラーリングを頻繁に行い過ぎたりすると、頭皮へダメージを与えかねません。

自宅でのカラーリングは、最低でも70日は間隔をあけてください。

※ 美容室でのカラーリングは、30日以内でも、頭皮や髪に悪影響を与える心配はありません。

毎日のシャンプーでも、髪を洗うばかりで頭皮を洗わなかったり、ブラッシングするときも、髪だけをとかして頭皮を刺激しないと、健康な頭皮は保てません。

シャンプーは、頭皮を中心にマッサージするように洗い、ブラッシングも頭皮を気持ちよく刺激することをおすすめします。

基本的に白髪をなくすことはできません。

多少、白髪の量が減ったり、増えるスピードが遅くなることはありますが、一度できたものをゼロにすることは難しいといえます。

しかし、若々しい見た目をキープするためには、何かしらの対策が必要でしょう。

白髪を隠す、おすすめの方法は?
1~3本しか白髪のない方でも、美容室でのカラーリングをおすすめします。

カラーリングは、自宅で手軽にできるものも販売されていますが、カラー剤による突然のアレルギーに悩まれる方もいますので、要注意ですひ決しておすすめしませんが、自宅でカラーリングをする場合の参考に・・・

カラーリング剤には2種類あり、髪を染めるヘアダイと一時的に髪をコーティングするように色を変えるヘアマニキュアがあります。

ヘアダイは、しっかりと染まり持続性もありますが、頭皮や髪へのダメージが大きい。

ヘアマニキュアは持続性に欠けるものの、頭皮や髪へのダメージが少ない。という特徴があります。

また、ヘアファンデーション、ヘアコンシーラーと呼ばれる、洗い流せるタイプの白髪隠し専用の商品もあります。

使用後は、頭皮に残らないよう、シャンプー時にしっかりと洗い流すようにしましょう。

白髪量が増えてきている方
少し見えてしまうだけで、一気に見た目の印象を悪くしてしまう白髪。

完全になくすことはできませんが、増えないようなケアを続けつつ、適した方法で隠すことで見た目の好印象をキープしましょう。

参考まで

 

 




ケフトル5α