“食べ合わせ”で得られる3つの効果!

LINEで送る
Pocket

「効果を高める」「ほかの効果まで得られる」など食べあわせは、さまざまなメリットがあります。
違いを知っておきましょう。

素材の吸収率がアップひ相乗効果
2つ以上の食品を組み合わせることで、お互いの効果や吸収率が高まります。

単独で摂るよりも、より効率的に確実に、体に欲しい効果を得ることができます。

豚肉(ビタミンB1)+にんにく(アリシン)=疲労回復
ビタミンB1とアリシンは一緒に摂ると、吸収率がアップします。

疲労回復に有効な組み合わせなので、吸収率がアップすれば、つらい疲労からも早く回復できます。

2つ以上の効果が得られるひ相加効果
同じような効果を持つ食品を2つ以上組み合わせることで、お互いの持つ効果もプラスされる、まさに一石二鳥の組み合わせ。

体に2つ以上の効果が欲しいときに!

さつまいも(ビタミンE)+ブロッコリー(ビタミンC)=老化防止
さつま芋のビタミンEとブロッコリーのビタミンCは、どちらも抗酸化作用のある食品。

ビタミンEとCは体内でお互いに助け合う効果もあります。

老化予防に効果アリ!

ダイエットにも活用できるひ相殺効果
それぞれの食品の優れている部分を消してしまう、注意したい組み合わせです。

しかし、ダイエットのときに「なかったこと」にできる利点もあります。

ごはん(糖質)+ごぼう(食物繊維)=ダイエット
ごぼうの食物繊維が糖質の消化吸収速度を遅らせ、急激な血糖値の上昇を抑えてインスリンの分泌を抑制します。

余分なインスリンの分泌は体脂肪のもとに。

参考まで